『生きてるだけで、愛。』オリジナル・サウンドトラック

Release

2018年11月9日

2018年11月9日公開、芥川賞受賞作家・本谷有希子の傑作小説『生きてるだけで、愛。』を映画化。

本作での劇伴と主題歌に世武を指名したのは、メガホンをとった関根光才監督。現在公開中のドキュメンタリー映画『太陽の塔』も好評な関根監督だが、世武とはかねてより親交があったこともあり、絶大の信頼を寄せられ担当するに至った。劇中の音楽は、打ち込みではなく楽器の音でレコーディングされており、映画に深みと広がりをもたらしている。


生きてるだけで、ほんと疲れる。鬱が招く過眠症のせいで引きこもり状態の寧子と、出版社でゴシップ記事の執筆に明け暮れながら寧子との同棲を続けている津奈木。そこへ津奈木の元彼女が現れたことから、寧子は外の世界と関わらざるを得なくなり、2人の関係にも変化が訪れるが――。

収録曲

  1. ねがい

  2. にぶい

  3. めまい

  4. せかい

  5. あわい