sebu_mae-233_nouhin.jpg
世武裕子/sebuhiroko (セブヒロコ)
葛飾区生まれ、広島在住。 シンガーソングライター、映画音楽作曲家。

Ecole Normale de Musique de Paris 映画音楽学科を首席で卒業。在仏中には、Acte 1やCours Florent といった俳優学校で映画演技も学んだ。パリ、東京にて短編映画制作に携わったのち、『家族X』で長編デビュー。以降、映画やテレビドラマ、数多くのCM音楽を手掛ける。

近年、映画では『日日是好日』『星の子』『Arcアーク』ドラマでは『好きな人がいること』『心の傷を癒やすということ』などの音楽を担当している。シンガーソングライター sébuhiroko 名義では第1作『WONDERLAND』に続き、ダーク、踊れる、プログレッシヴ、ミニマルミュージックをテーマにより色濃い世界を描く第2作『L/GB』を発表。音楽活動10周年となる2018年にアルバム『Raw Scaramanga』を発表し、活動名義を「世武裕子」へ統一。ピアノ演奏・キーボーディストとして森山直太朗、Mr.Childrenのレコーディングやライブなどにも参加している。

2022年は、映画『Pure Japanese』『女子高生に殺されたい』や、WOWOWドラマ『椅子』などの映画・ドラマ音楽を担当。オリジナル・サウンドトラックをポニーキャニオンよりリリースしている。

2022年7月より、世武裕子による銀杏BOYZ「BABY BABY」ピアノ弾き語りカバー楽曲が、大塚製薬オロナミンC CM 「湧きあがるものを信じる。夏」篇としてオンエア中。