Capitalism

Release

2020年5月27日

2020年配信リリース第1弾。ドラムとビートは江島啓一(サカナクション)、ギターは田渕ひさ子(NUMBER GIRL、toddle)が担当。ジャケットデザインはネットで見つけ自らコンタクトを取ったオランダのアーティスト・Irie Wataが手がけた。


世武裕子 コメント

「Capitalism」(資本主義)というタイトルの楽曲を2020年5月27日に配信リリースします。
この曲ができたのは1月頃で、資本主義という生き方、第二次世界大戦以降の経済の凄まじい勢い、夢、危うさ……
社会が複雑に様々なものを包括して行き着いた現代を、風刺的に捉えた曲です。
リリースまでに社会の状況は急激に変わり、世界中に深く重たい影響を及ぼすこととなりました。
変わった事の中でも本質的な考え方は変わらなかったので、このまま手を加えずに世に放つことに決めました。
今回アートワークは、オランダのアーティストをネットで偶然見つけて声を掛けました。
という部分からも、資本主義の恩恵も受けていたりもします。ともかく、聴いてもらう方が早いですね(笑)

収録曲

  1. Capitalism