あなたの生きている世界1

Release

2022年11月9日

約4年ぶりとなるリリースはピアノ弾き語り企画の第1弾。交流あるアーティストの楽曲をはじめとした、名曲のカバーが収録される。

第1弾にはサカナクション「グッドバイ」やフジファブリック「若者のすべて」など5曲収録。


世武裕子 コメント

小さい頃から「皆みたいに」を探して迷走し、孤独感に満ちた時間を長く過ごしましたが、 一方で色んな人の優しさに救われてもきました。だから私は、見過ごされ、見落とされがちな人たちが無視されない未来に貢献したい。

一方、音楽活動では、自分がかっこいいと思う音楽を追求してきて、達成感と共に「自分が」「自分が」の世界に疲れていました。 この数年で「自分が」から解き放たれた今、歌うってこんな素晴らしい世界なのか!と驚いています。

誰かの発する言葉には必ず道や心情が存在しているけれど、言葉というのは本当に難しい。でもそこに音楽があったなら。 誰かと誰かの物語を繋ぐ、媒体のような表現者でありたいんです。映画音楽と少し似ている。きっとそれが、私の人生なのでしょう。 ここに至るキッカケを下さり、カバーを許諾して下さった皆様と、皆様の生み出した音楽に、深く深く感謝申し上げます。

収録曲

1.若者のすべて

富士吉田市に住んでいた頃、フジファブリックを聴きながら、商店街をよく散歩していました。特に「若者のすべて」は格別で、街そのも のが鳴っているような感覚になります。この曲の中で、あの頃の姿のまま生きている志村さんは、今この景色を、歳をとっていく私たちを、 どういう想いで見ているんだろうなぁと思いながら、歌わせて頂きました。


2.君のほんの少しの愛で

大切にしていて、分かち合いたい想いは沢山あるけれど、「君のほんの少しの愛で、この世界は泣きそうなほど輝いている」というフレー ズは、自分の年齢や気分に関わらず、ずっと一番に伝えたいメッセージかも知れません。セルフカバーをしてみると、改めて、自分の望み が明確になりました。


3.それ行けカープ(若き鯉たち)

言わずもがな、広島の(いや、日本の!)誇る名曲。再始動する時は、必ず広島の歌を入れたいと思っていましたが、結局最初に選んだの はこの曲でした。ネタとか箸休めとかじゃなくて、真剣な渾身のカバーです。マツダスタジアム周辺をウロウロしながら仕上げました。ど ういう意味かは、ぜひ聴いて確認して下さい!


4.ギブス

デビューされた時、TVでパフォーマンスを観た時、短編映画『百色眼鏡』を出された時、東京事変を結成された時、、、色んな形で何度 も何度も、驚きを持って作品を発表されてきた唯一無二の椎名林檎さん。完全な世界観がある人だからこそ、憧れや物真似みたいなカバー じゃなくて、もし主人公が違う選択をして生きていたらどういう歌になっただろうか?というテーマで、カバーさせてもらいました。


5.グッドバイ

サカナクションとは長らく親交があり、以前は「ユリイカ」をカバーさせてもらったこともあります。「グッドバイ」も原曲は完璧なベス トアンサーなのに、なぜか楽曲に誘われているような気がするというか、語られない主人公の心の奥底を引っ張り出したい、救い上げたい ような気持ちにさせられます。孤独の中にも、世界の素晴らしさを分かち合いたいのかも知れません。